看護コミュニティ

よろず相談所

社会人です、入試時のメイクについて。

投稿時間: 2017年09月12日 20:20:13   投稿者: ミラク さん   職業: 一般市民
顔の左側が白斑で色素がまだらに抜けています。
日に焼けている部分の肌と明らかに色が異なり、
白斑の部分は地図のような模様に見えます。

それでも一切の化粧はしないほうがいいのでしょうか?

面接対策の本に、一切の化粧は禁止と書かれていました。
眉毛を書かない、アイラインは引かないなどは納得できますが、こういった理由でもファンデーションすらダメなんでしょうか?
またファンデーションを塗ればちーくもひつようになるとこもうんですが、チークも当たり前ですがダメと書かれていました。

どうしたらいいんでしょうか?

なお、入試は一般入試で受けます。
返信時間:2017年09月18日 05:07:31   投稿者: ちい さん   職業: 看護師・保健師・助産師
参考になった: 68 件 この回答は役に立った ファンデーションで白斑が目立たない程度にして臨み、面接時に「何か質問は」と聞かれた際などにそのことについて話しておくとよいかと思います。
一般の面接本には一般論しか書いてありません。たとえば顔に傷跡が残っている人が目立たないように整えるとして、それはより美しく華やかに装うための化粧とはベクトルが違います。
私の卒業校では、実習の際も顔色が悪く不健康に見えるくらいならきちんと薄化粧で整えるようにと指導されました。いかにもバッチリ派手な化粧が印象が学生らしさを損ない悪印象になるのであって、化粧が絶対悪というわけではありません。
ただファンデーションとチークは必ずセットというのは思い込みかと。
名前
アイコン
職業
返信内容
認証

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字