ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。

著者・編者:細川貂々
出版社名:幻冬舎
発行年日:2006年3月
価格:1,155円
ISBN:4-344-01143-0

うつ病は今や現代病となり、「心の風邪」とまで言われる程、重度、軽度を含めて多くの方が向き合っている病気です。
この本では、著者の旦那(ツレ)がうつ病になった闘病体験を漫画で紹介しています。普通のサラリーマンだった著者の旦那(ツレ)が、ある日うつ病と診断されました。もともと著者の方が落ち込みやすい性格であったために、「なぜ旦那(ツレ)が」という疑問とともにスタートした闘病生活。旦那(ツレ)は仕事もやめて、著者と二人での1年半の生活の中で、浮いて、沈んでを繰り返しながら回復していく様子が見ることができます。

「うつ病」という重くなりやすいテーマの中、鋭い観察力をユーモアに表現していて、笑いながら読み進めることができる楽しい一冊です。同時に、実際にうつ病を経験した旦那(ツレ)が闘病生活を振り返って書いているコメントが、体験者としての説得力を持たせています。

「誰にでもおこりうる病気」だからこそ、「夜は、必ず、明ける」という希望のメッセージが読んだ後に明るくなれる理由の1つかもしれません。ストレス社会に生きる私たちにも身近な話題です、ぜひ読んでみて下さい。

看護ネット事務局

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字