子宮会議(小学館文庫)

子宮会議(小学館文庫)

著:洞口 依子
出版社名:小学館
発行年日:2011年01月
価格:\500
ISBN:978-4-09-408579-2

著者の洞口 依子さんは、中学3年生の時に「週刊朝日」の表紙モデルに抜擢された後、グラビアアイドルとして活躍し、19歳で女優デビュー。数々の映画やテレビドラマで活躍中に結婚し、公私ともに充実していた38歳の冬、子宮がんが発覚。子宮と卵巣を全摘出の手術を受けますが、現在はみごとに女優として復活しています。

手術は成功したものの、リンパ節への転移がわかり、入院期間は2カ月間に及びました。退院してからも元通りにはなれないジレンマ。末梢(まっしょう)神経がしびれて歩けなくなったり、ホルモンバランスが狂い太ったり。心のバランスが崩れて、うつやパニック症状を発症したり。手術後、排泄(はいせつ)のコントロールができなかった事は、これまでカッコつけて女優として生きてきた彼女にとって、プライドをずたずたにされる思いだったそうです。

手術後の副作用に苦しみ、自殺未遂をするほど追い詰められながらも、女優として復活することをあきらめませんでした。その決意と共に彼女を救ったのは、「書くこと」でした。
本書の中で、闘病生活をさらけ出し、新しい人生をスタートさせたのです。

洞口さんは、ブログでのメッセージ発信の他に、本書のリーディングとギター・ウクレレによるライブ・セッションを定期的に行い、多くの女性たちの共感を呼んでいます。
多くの癌経験者が祈る「早期発見」。
洞口さんは自身の経験をもとに、カラダと語り合う事の大切さを訴えています。

看護ネット事務局

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字