おいしく食べて治す 胃を切った人の食事 ~消化器をいたわるレシピ200~

おいしく食べて治す 胃を切った人の食事 <br />~消化器をいたわるレシピ200~

著:羽生富士夫、喜多村陽一 監修:池上保子
出版社名:主婦の友社
発行年日:2003年01月
価格:\1,365(税込)
ISBN:978-4-07-234896-1

胃の手術と聞くと、患者さん本人だけでなくその家族の方は「これからの食事はどうするのか」「普通の食事ができなくなるのか」といった不安におそわれてしまいます。そうした不安を取り除くために、病院では、カウンセリングや栄養士の方の説明を取り入れています。

今回ご紹介する本書は、ご自宅に帰ってから、困った時や不安な時の助けになる一冊です。日々の献立のヒントはもちろんのこと、病気の説明や退院直後の食事対応のしかた、避けたい食品などにも触れています。
きれいなカラー写真付きのレシピは、「病人食」のイメージとは違い、患者さんにも前向きな気持ちにもなってもらえるでしょう。

胃がないと、モノが食べられない? そんなことは決してありません。少量ずつの食べ物を、吸収のよい状態で、小腸へ送り込めばよいのです。目指すは「ふつう」の食事。おいしく食べられてこそ、楽しい人生。

本書のこうした考え方が、食事の楽しみを諦めてしまっていた方、手術前に不安を持っている方、患者さんへのサポートをする医療関係者の方全ての方を、「食」に対して諦めない気持ちへ導いてくれるでしょう。

(目次)
第1章 胃が小さくなった、胃がすべてなくなったらー胃のない体に早く慣れるために
胃を切除した人の食べ方:9つのルール/おなかにやさしい食材カタログ ほか

第2章 退院直後の食事ー食道から小腸に直結した体に
全摘出した人の朝食/全摘出した人の昼食 ほか

第3章 回復期の食事(退院後2カ月以降)-胃がないことに慣れてきたら
全摘出した人の朝食/一部摘出した人の朝食 ほか

第4章 医学総論ー胃を切った人は知っておきたい
胃を切るということ(胃の手術と手術後の食生活は?)
胃の構造と役割(胃は食道から送られてきた食べ物の貯留所) ほか

看護ネット事務局

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字