看護エッセイ

2004年から連載された看護師のエッセイが、50編を超えました。
看護の心が、さまざまなテーマで描かれています。

Vol.1 患者さんが教えてくれたこと

日々の患者さんとのふれあいは様々なことを教えてくれます。そしてなにより、知恵と元気と勇気を頂いています。

2014年

2015年

Vol.2 私たちの取り組み -看護師として今できること

よりよいケアを目指し、新しい活動をしています。日々かけがえのない仲間や発見の連続です。

2013年

2014年

2015年

2016年

Vol.3 「感性」を磨く日々 -看護師の日常の中で

人との出会いや日々のふれあいの中で大切な「感性」
患者さんの思いを常に感じ、尊重する、そんな看護師でありたい。

2013年

2015年

Vol.4 看護師を目指すあなたへ

人は時の中を歩み、時とともに生きている。「看護」を発見する、心の闇が晴れる瞬間とは。

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

Vol.5 いのちの尊さを伝える

出産という「よろこび」の感動を、未来を背負う子ども達に、伝えていきたい。

2012年

2015年

Vol.6 存在のケアの仕事のなかで

在宅ケアは病気の回復、予防、症状の緩和など、患者さんとご家族のお手伝いをしていきます。

2013年

2015年

2016年

Vol.7 子ども達の命に輝きを

病気や障がいを持ったお子さんやご家族と共に看護の可能性はどんどん広がっていきます。

2012年

2013年

看護コミュニティ