私を看護師にしてくれてきた患者さんたちに感謝

鈴木美穂
  • 2020/04
  • 看護師:鈴木美穂

私は看護師という仕事がおそらく大好きだ。ただ「好き」なのではなく「大好き」だと思うのは、改まれば看護師の仕事をしている自分を幸せに感じるからである。また「おそらく」を付加するのは、人は嫌いなものは明確に「嫌い」と認識できるものだが、好きなものは意外と「好き」と認識しないだろうからである。

私が看護師であるのは、免許を持っているからではなく、患者さんとの出会いがあるからである。どの仕事も人と出会わずにできるものはほとんどないと思うが、私は「患者さん」と呼ばれる人たちと出会う中で看護師になってきた。私が看護師でなければ、その患者さんとは出会っていない。患者さんは、親戚でもなく、友達でもなく、看護師と出会っているのだ。

それは、看護学生でも同じで、実習で患者さんに出会ったときからはじまる。学内でいくら演習を行っても、それを味わうことはない。患者さんは、何にもできない看護学生だとわかっているだろうが、日常では曝すことのない姿を曝し、心身を委ねてくれる。これには応えなければならない。ある日、訪問診療に同行して、ALSの患者さんに初めてNGチューブの挿入をさせてもらう機会があった。なかなか1回で入りにくいそうなのだが、1回で挿入できた。患者さんが視線の文字盤を使って、ご家族が通訳して、フィードバックをくれた。1回で最小の苦痛で挿入できたのは「素直だったからだよ。」とのことだった。一生、忘れない。

多くの患者さんが、本当にいろいろなことを教えてくれて、今の私がいる。このエッセイを書くにあたり、おひとりひとりのさまざまなエピソードが想起され、別のファイルに書き留めてみた。夜、寝ようとすると思いだす患者さんもいて、メモをとった。つらい思い出もある。まだまだ応えきれないところばかりだが、ひとつひとつ真摯に受け止め続けたい。私本位だが、これまでに出会った患者さんもこれから出会う患者さんも、ありがとう。

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字