「からだフシギ」

医療の主人公は患者であり、健康生活を作るのは市民一人一人です。
主体的に健康行動や治療法を選択し、日常生活を営んでいくには、その判断基準になる充分、かつ、適切な情報が必要です。また、最も基本的な健康情報はからだに関する知識だと考えています。
からだの知識を子ども達に伝え、健康に関して主体的な次代の市民の育成に寄与すること、からだの理にかなった援助技術を開発して公開し、日常生活をより快適にすることに貢献したいと考えています。

「からだフシギ」とは?

「からだフシギ」は、からだの知識を子ども達に伝えるために活動を行うグループです。 これまでには、5歳児を対象とした、からだの知識を伝えるための教材(からだのしくみを知るためのTシャツ2種類、絵本6冊)を作成したり、これらの教材を使用した教育プログラムを実施したりしています。
また、2006年10月28日に「子どもと学ぼうからだのしくみ」をテーマに駅伝シンポジウムを開催いたしました。

>> シンポジウムの様子

現在の活動はこちらをご覧ください

作成した教材

消化器Tシャツ

食物の消化、吸収、排泄の過程を見ることができる消化器Tシャツです。この消化器Tシャツは、習志野市の保健師さんが作成したものが基になっています。 布製で、口 から肛門までの各臓器が原寸大でTシャツの上にマジックテープで貼り付けられています。各臓器は、Tシャツから容易に取り外すことができ、小腸の長さなど をこども達が体感することができます。
また、食道、胃、空腸、上行結腸、S状結腸付近に、窓をつくり、消化物の形態が観察できるようにもなっています。


消化器Tシャツ

食べ物の消化形態を観察できる窓

腸の長さを体感できます

泌尿器Tシャツ

「わたしのからだ」絵本

絵本の注文はこちらから

テーマソング

♪「からだ フ・シ・ギ」♪
作詞:村松純子+COE11 / 作曲:HISA
たべたごはんは どこいくの
どうしてよるは ねむたくなるの
ウンチってなぁに アクビってなぁに
からだ ふしぎだね
くしゃみのはやさは しんかんせん
すいかたべたら おしっこたくさん
はたらいているの ねているときも
からだ ありがとう
どうしてわたし おおきくなるの
どうしてしんぞう ドキドキするの
ほねってなぁに ちってなぁに イエイ
からだ たから だから からだ
もっとしりたい しりたいな
からだ たから だから からだ
もっとしりたい しりたいな からだ!

研究成果

  • 1.菱沼典子、松谷美和子、田代順子、中山久子、佐居由美、白木和夫、岩辺京子、有森直子、今井俊子、島田多佳子、木村千恵子、中川有加、西田みゆき、鈴木加代子、臺有佳、村松純子、亀井智子、森明子、瀬戸山陽子、相澤身江子、他(2006).5歳児向けの「自分のからだを知ろう」プログラムの作製-市民主導の健康創りをめざした研究の過程-、聖路加国際大学紀要.32.51-58
  • 2.松谷美和子、菱沼典子、佐居由美、中山久子、大久保暢子、石本亜希子、田代順子、白木和夫、森明子、有森直子、岩辺京子、今井敏子、島田多佳子、西田みゆき、多田敦子、三森寧子、相沢身江子、瀬戸山陽子、臺有佳、村松純子、原瑞恵、他(2007)、5歳児向けの「自分のからだを知ろう」健康教育プログラム:消化器系の評価、聖路加国際大学紀要33号
  • 3.佐居由美、菱沼典子、松谷美和子、中山久子、大久保暢子、石本亜希子、三森寧子、多田敦子、印東桂子、瀬戸山陽子、村松純子、小山敦子、岩辺京子、森明子、有森直子、今井敏子、原瑞恵、他(2007)、聖路加国際大学21世紀COEプログラム第7回国際駅伝シンポジウム 報告:「子どもと学ぼう、からだのしくみ -あなたはどれくらいからだを知っていますか?-」

  • ページ評価アンケート

    今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

    Q.この記事や情報は役にたちましたか?

    Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

    例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

    最大250文字