床ずれ(褥瘡)の予防

床ずれ(褥瘡)を作らないための留意点

褥瘡(床ずれ)には深さによる右の図のような段階があります。
褥瘡を防ぐためには、次の点に留意しましょう。

褥瘡(床ずれ)を予防するための留意点

  • ①赤が認められた場合、注意して観察し、早めに医師や訪問看護師に相談する
  • ①低反発マットなどの除圧器具を有効利用する
  • ②自分で寝返りを打てない場合、およそ2時間をめどに体位変換
  • ③エアマットレスを使用し、体に圧力がかかる時間を少なくする
  • ④皮膚のケア(皮膚の清潔・保湿・保護)に努める
  • ⑤低栄養状態に陥らないよう、バランスのとれた食事を摂る

褥瘡(床ずれ)を予防するための栄養素

特に次の栄養素については積極的に摂取するようにする

  • タンパク質:体の筋肉を作る(肉、魚、大豆製品など)
  • 亜鉛:たんぱく質の合成に欠かせない必須ミネラル(肉、 たまご、チーズ、大豆、きなこ、ゴマなど)
  • 鉄:貧血を防ぐ(レバー、魚介類、ひじき、のり、ゴマなど)
  • カルシウム:骨を丈夫にする(牛乳、桜えび、ししゃもなど)
  • ビタミンA:粘膜の機能を維持する(レバー、うなぎなど)
  • ビタミンC:鉄の吸収を高める。抗酸化作用。(ピーマン、モロヘイヤ、かぶ、のり、果物、野菜)

褥瘡ができやすい部位

  • ページ評価アンケート

    今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

    Q.この記事や情報は役にたちましたか?

    Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

    例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

    最大250文字