便利な器具

器具を使って、より快適なケアを

「起きるケア」は、様々な器具を活用することで、より安全に、より簡単に行うことができます。
ここでは、ケアの際に使うと便利な器具をご紹介します。

1.電動ギャッチベッドと液晶手元スイッチ

ヘッドアップをすすめる時におすすめしているのは、ギャッチベッドです。 手動ベッドよりも電動ベッドの方が操作しやすく、操作姿勢による看護師の腰への負担も軽くなります。
また、操作スイッチに角度や高さが表示されるものもあります。

このようなベッドを使用すると、誰が実施しても同じ角度や高さを正確に再現できるので、便利なことはもちろん、安全なケアを提供することが可能です。


電動ギャッチベッド
(メーティスシリーズ)

手元スイッチ

2.ヘッドアップや端座位に配慮したマットレス

ヘッドアップをしていくと、褥そうになりやすい臀部の体圧が高まっていきます。褥瘡リスクの高い患者を起こす時には、栄養状態などへの配慮に加え、臀部の圧分散に配慮する必要があります。

また、背面開放座位へ移るときには、柔らかいマットレスでは座位が安定せず、ベッドから滑り落ちるなどのリスクがあります。端部がしっかりとしたマットレスを選ぶと、より安定した座位がとれます。

このようなヘッドアップ時の圧分散や転倒・転落のリスクを考慮してマットレスを選びましょう。


アクアフロート
マットレス

3.背面開放座位を保持するテーブル

背面開放座位は、看護師や理学療法士などの手技で実施することもできますが、用具を使用するとより安全に、多くの人手をかけずに実施することができます。
座位を安定させるには、足底がしっかりと床につくよう、ベッドの高さを調節しましょう。

用具で座位が安定すれば、看護師の手が空きますので、手浴や足浴を実施するのもよいでしょう。テーブルがあるので、食事や作業療法などの際にも便利です。

実施中は患者から目を離さないようにしましょう。


端座位保持テーブル
(Sittan)

4.端座位・立位のサポート

端座位や立位では、ヘッドアップを進めるときと違い、背面に支えがないため転倒のリスクが高まりますので、十分な注意とサポートが必要です。 ベッドにしっかりと固定された手すりがあると、座位保持の安定に役立ちます。

また、座位から立位に移るときには、前方にある支持物をつかむことで、安定した立ち上がりができます。
ベッドに固定されたタイプの手すりのほか、移動が可能なタイプの立位訓練具もあります。


スイングアーム介助バー

リターン

5.歩行補助器

立位が保持できたら、歩く訓練に進みます。
支えなしでの独立歩行が難しい場合には、歩行補助器を使うのも良いでしょう。


歩行補助器

商品の詳細について

上記製品の詳細については、パラマウントベッド株式会社へお問い合わせください。

パラマウントベッドお客様相談室
フリーダイヤル:0120-03-3648 受付時間:9:00~17:00
※年始1/1〜1/3は休業です。

  • ページ評価アンケート

    今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

    Q.この記事や情報は役にたちましたか?

    Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

    例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

    最大250文字