在宅ケアの不思議な力

在宅ケアの不思議な力

著:秋山 正子
出版社名:医学書院
発行年日:2010年02月
価格:\1,470
ISBN:978-4-260-01047-4

病気にかかってしまったり、身の回りの事ができなくなったら・・・
これまでは、入院や施設への入所という流れがほとんどでした。高齢化社会となった今、「在宅医療(訪問診療、訪問看護)」という新しい形が見直されています。在宅医療とは、自宅にいたまま医療を行うこと。つまり、定期的に医師や看護師が自宅に行き、適切な治療を行うことをいいます。なかでも、訪問看護は健康状態の管理、家族を含む生活のサポート、リハビリの支援を行うほか、医師との連携や最終的な見取りまでを行い、在宅ケアには欠かせない存在であり、今後の活躍が期待されています。

秋山さんの実姉は、がんにかかり41歳で亡くなりました。当時、離れて看護教師の仕事をしていた秋山さんは、そばで寄り添うことが出来ませんでした。しかし、自宅で闘病生活を送る事を選んだ姉のために、地域の医療・看護・介護をめぐるチーム作りをサポートしました。秋山さんは、この経験を元に、在宅ケアへの道へと進みました。
「その人が生きてきた生活の場が療養の場になり、かけがえのない時間を、家族や親しい人に囲まれて過ごせるのは、在宅ホスピスにほかならない」とプロローグに書かれています。実際、在宅ケアを受ける患者さんは、自分の居場所がある家庭で闘病生活を送ることで、安定した状態を保つ一因となっているそうです。
(目次)
プロローグ
第一章 家庭で看取るがん患者-在宅ケアにかかわるきっかけ
第二章 訪問のなかで考えること-いのちに寄り添うケアを
第三章 あなたの思いを聞かせてください-喪の作業とグリーフケア
第四章 まちをつくる-健やかに暮らし、安心して逝くために
エピローグ/初出一覧/著者プロフィール

看護ネット事務局

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字