熱中症対策マニュアル

熱中症対策マニュアル

著・監修:稲葉 裕
出版社名:エクスナレッジ
発行年日:2011年06月
価格:\1,000(税込)
ISBN:978-4-7678-1163-5

「猛暑」という言葉が浸透してきたここ数年、6月に入ると毎日のように耳にするのが熱中症のニュースです。特に節電対策を余儀なくされた2011年には、熱中症で病院に救急搬送された人の数が全国で3万5436人(5月30日~8月14日、総務省消防庁速報値より)。期間中に救急搬送された人のうち、65歳以上の高齢者が46・5パーセント(消防庁のまとめ)だったそうです。

年を追うごとに増加する熱中症患者。予防法や対策の情報はインターネットやテレビでは多数紹介されていますが、簡単に手に取りやすい書籍は少ないのが現状です。
本書は、熱中症の症状、かかりやすい人、予防法、応急処置方法をイラストやマンガなどで理解しやすくまとめ、生活の注意点や年代別の予防法などを、イラストを使い、とても具体的に書かれています。
万が一熱中症にかかってもあわてない、応急処置の方法も丁寧に解説しているので、汗をかきにくく、体温調整が難しくなっている高齢者のいるご家庭では、家族全員で読んでいただきたい一冊です。

(目次)
はじめに
熱中症は身近なところで起こっています

第1章 熱中症の基礎知識
熱中症とはどんな病気でしょうか?/屋内にいれば熱中症にはなりませんか?/なぜ体温調節の機能は乱れるのでしょうか?/熱中症になるとどんな症状が現れますか?/熱中症にかかりやすいのはどんな人ですか? など

第2章 熱中症を予防する方法
予防では、どんな点に気をつければよいでしょうか?/食生活で気をつけることはどんなことでしょうか?/エアコンなど、空調の使い方のコツはありますか?/予防のために年代ごとに気をつけたいポイントはありますか? など

第3章 熱中症になったときの応急処置
熱中症だと分かったら、どうすればよいでしょうか?/涼しい場所に避難する際のポイントはありますか?/医療機関に搬送するときの注意点はありますか?/熱中症の症状が落ち着いたら安心でしょうか? など

看護ネット事務局

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字