わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋

わたしも、がんでした。 がんと共に生きるための処方箋

編集:国立がん研究センターがん対策情報センター
出版社名:日経BP社
発行年日:2013年9月
価格:\1,296(税込)
ISBN:978-4-8222-7425-2

本書は、「わたしも、がんでした。」そう気軽に打ち明けられる社会になってほしいという願いを込めて、国立がん研究センターがん対策情報センターがまとめた1冊です。
がんという病気は日本人の死因のトップですが、最近では、医学の進歩によって通院で治療を続けながら通常の生活を続けるケースが増えてきています。それは、患者さんにとってその後の人生を、がんとうまく付き合いながら、限られた時間を有意義に過ごすことが重要となってきたということです。

患者さん、ご家族、職場の仲間、医療機関といった様々な立場の方が、がんについてどう考えて、どのように行動しているかを本書では紹介しています。それぞれの体験談が、「がんと共に働き、生きる」ための道標を示してくれています。
ピーコこと杉浦克昭さんが語る「がんからの帰還」。
映画「エンディングノート」監督の砂田麻美さんが明かす「お父さんとの日々」。
田原総一朗さんが話す「がんで亡くした2人の妻との闘病で学んだこと」。
その他、巻末には、がんと共に生きていくための最新Q&Aも充実しています。

がん患者さんは死を常に意識することで、限られた生をよりよく生きようとします。
がん患者さんのQOL(Quality Of Life)を充実させるために、周囲の一人一人に何ができるのかを知ることができる数少ない書籍ですので、より多くの方に読んでいただきたいと思います。

(目次)
第1章 本人編:悩んでいるのは自分だけじゃない
第2章 家族編:がんは"生きる"と向き合うプロジェクトです
第3章 病院編1:がんと共に生きる、働く時代がやってきます
第4章 病院編2:継続して働ける環境づくりが進んでいます
第5章 職場編:一人で抱えない。社内で相談できる雰囲気が大切です
第6章 地域編:支え合う仲間がいれば、気持ちが明るくなる
第7章 まとめ編:座談会・がんと共に働くために、足りないこと

※この本の内容は、がん情報サービス「がんと共に働く まず一歩前へ。」 でご覧いただけます。
http://ganjoho.jp/pub/support/work/
また、全国のがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターでも書籍の見本版をご覧いただけます

看護ネット事務局

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字