「Kongo-Net Essay」

Sarah Porter
  • 2005/05
  • 聖路加看護大学客員教授:Sarah Porter

ENGLISH (original)

わたしが看護師として働き始めたのは1963年、まだコンピューターもデジタルカメラもない頃でした。MRIやCATもない頃でしたが、ケアの心と思いやりはありました。病態生理学やヘルス・アセスメントについて学ぶことは大好きでしたが、わたしが最も得意と感じていたのは救急治療室で精神科の急患の精神状態の診察でした。そこで夢中になったのが、ヒーリング・タッチです。ヒーリング・タッチは、わたしが看護を実践するための、強く、深く、揺るぎない価値観となりました。ヒーリング・タッチの考え方は、和(調和)・敬(敬意)・清(清浄)・寂(静寂)といった茶道の価値観と似ているように思います。ヒーリング・タッチの考え方は、ケアの心と思いやりにつながり、わたしにとって、こうした価値観を表現するためのユニークな手段となっています。

わたしのヒーリング・タッチの初めての患者の一人は、交通事故にあった女性でした。彼女は、ひどいむち打ちを患い、首の痛みのために長時間仕事をすることができませんでした。そこでわたしに、ヒーリング・タッチでの治療を試して欲しいと言ってきたのでした。彼女は弱っていてほとんど動くことができなかったので、彼女の家にヒーリング・タッチの治療をしに行きました。彼女の寝室は狭く、ベッドの横には彼女の飼っているとても大きな犬のための布団がありました。彼女のベッドの高さは、ヒーリング・タッチをするのには、適当ではありませんでした。体をなでたり、エネルギー・ポイントをつなぐ手助けをするために、腰をかがめて苦しい 体制をとらなくてはなりませんでした。看護職として、常に目を開けているように指導されてはいましたが、集中する余り、わたしは目を閉じてしまいました。まもなく、彼女がとても深い呼吸をしているのが聞こえてきました。かなり大きな音だったのです。とても満足でした。彼女がとてもリラックスしていたので、自分のしていることが効果をあげていると思ったのです。彼女の穏やかな顔を思い浮かべつつ目を開けました。ところが、彼女はわたしを見つめていたのでした!!ふと下を見ると、彼女の犬がとてもリラックスしていました。深い呼吸音はそこから来ていたのです。二人とも大笑いでした。ヒーリング・タッチでは、成果にこだわらないことの重要性が強調されます。そのプロセスから自分のエゴを切り離すことが大切なのです。

わたし達を取り巻くエネルギーの特徴は、わたし達自身がそれをポジティブなもので満たすことができるということです。わたし達の周りのものは、そうしたポジティブな感情を何らかの形で感じることができるのです。だから、たとえ口には出さなくても、思いが大切なのです。看護では、臨床、教育、あるいは管理の現場において、わたし達それぞれに、お互い同士、生徒、患者、自分自身に対してポジティブな雰囲気を作り出す責任があります。どうしたらこの人が学ぶための助けになれるのか、どうしたらこの人の更なる可能性を発揮することを助けられるのか、わたし達それぞれに考える責任があります。こうした問いは、より良い健康につながるものです。こうした問いが、ケアの心と思いやりという立場にいる、わたし達が問うものです。そして、わたしが学んだのは、ユーモアはそのためにとても効果的だということでした。

※今回、ポーター先生にエッセイをお願いしたところ、「一般向け」のエッセイと、「専門家向け」のエッセイをいただきました。どちらも素晴らしい内容ですので、両方を掲載させていただきました。

看護は通常、大小に関わらず組織という枠組みの中で行われます。ほとんどの看護教育が看護ケアに重きを置く一方、組織がケアに及ぼす影響、わたし達が組織に及ぼす影響、またどのような関係を組織と結べば良いのかについては、ほとんど教えられません。わたしは、学校で看護指導の教科をとりましたが、その時点ではそれほど興味を抱いていませんでした。後になって初めて、組織というものがわたし達の生活や患者の生活にいかに大きな影響を及ぼしているのか気がついたのでした。

わたしは、組織の編成のされ方、それがどのように看護師や患者に影響を及ぼしているのかに、ずっと関心を持ってきました。初めての病院組織の体験は、看護学校を卒業して1年もたたないうちのことでした。わたしは州立の精神病院で働いていました。そこの組織は、患者が一日中座って基本的な物理的ケアを受ける「保守的」な病棟組織から、患者が自己管理や日々の活動について意見を言うことのできる治療的なコミュニティへと、改変されたばかりでした。さらに医者たちはただ指示を下して病棟を去っていく代わりに、看護師や介助者を治療決定のプロセスに含めるようになりました。看護師、医者、そして患者の全員がミーティングに出席し、病棟の規則や活動についてともに決定していました。それぞれの役職は曖昧なものとなり、肩書きよりも技能や才能が、新しく注目されるようになりました。この新しい枠組みが、民主的な過程を生み出したのです。患者は自身の幸福について関心を抱きはじめました。看護師は貴重な情報を医者と共有することができました。また彼らは、協力して患者のニーズに最も適した治療計画を策定しました。わたしにとって、この組織は、刺激的でわくわくするものでした。

「命令系統」のための明確なプロセスを伴って、上下型に編成された組織は、日々の仕事を効率的に進められるという利点があります。それぞれの役割と責任は、普通、明確に決められています。雇用者の意向がはっきりしているので、看護師は円滑に与えられた役割を全うすることができるのです。しかしながら、こうした組織では、その上下の枠組みが職員を支配するために悪用されやすく、貴重な職員の意見や知識が、上部の管理職に決して伝わらないという弱点があります。また、管理職はその視点のみから、組織運営をすることに捕われてしまいます。看護職員は、高次の組織運営から切り離され、組織に対する意欲が薄れていきます。連帯感は無くなり、人材は生かされません。また、このような組織を持つ教育機関では、履修科目が組織運営と無関係になりやすく、カリキュラムが「見直される」ことは、まずありません。組織が期待することと教職員の役割をつなぐような評価の枠組みが無ければ、教職員は知らないうちに期待された役割から外れていきます。そして、なぜだかわからない不満を感じるのです。そのため上下型の組織に勤める人は、自分の意見を聞いてもらえる枠組みを確保し声を上げる努力を、意識的にする必要があります。学部とカリキュラム中の科目の連携が意識して作られなくてはならないのです。

フラットな組織では、権限が上方部に集中するのではなく、雇用者の間に分配されており、変化や改革に迅速に対応しやすいものとなっています。管理を担う部署は小さいほうが、手続きの変化により迅速に対応できるのです。雇用者からのインプットを増やすということは、より多くのアイディアを組織にもたらし運営のための情報量を増やすことになります。治療的なコミュニティは、よりフラットな組織の一例です。どのような組織が、自分の性格や看護の理念に合っているのかを知っておくのは大切なことです。自分の理念と組織の理念がよく一致しているときにこそ、最も満足感が得られるのです。

(訳:聖路加看護大学21世紀COEプログラムリサーチコーディネーター 東 千恵子)



My nursing career began in 1963 before computers and digital cameras. It was before MRI and CAT. But, it was not before caring and compassion. Even though I loved learning about Pathophysiology and health assessment, and I felt very competent doing mental status examinations on psychiatric emergency patients in the emergency room, what has engaged me the most has been healing touch. Healing touch has given me a strong, deep, and enduring framework for the practice of nursing. The attitude of healing touch reminds me of what I learned about The Tea Ceremony values of: Wa (harmony), Kei (reverence), Sei (purity), and Jaku (tranquility). This attitude brings me back to caring and compassion and provides a unique way for me to manifest those values.

One of my first healing touch patients was a woman who had been in an auto accident. She suffered a severe whiplash injury and was unable to work full time because of her neck pain. She asked me if she could try healing touch treatments. I went to her home to give her a healing touch treatment because she had so little energy for mobility. Her bedroom was small and next to her bed was a futon for her very large dog. Her bed was not the right height for me to do healing touch easily. I had to bend down in an uncomfortable position to do the sweeping motions as well as to help connect the energy points on her body. Although as practitioners, we are taught to keep our eyes open, my eyes had fallen shut from my concentration. Soon I could hear her breathing very deeply, it was quite audible. I was so pleased. I thought I am doing a good job because she is so relaxed. I opened my eyes expecting to see her serene face. Instead, she was looking at me!! I happened to look down, and realized that her dog had become very relaxed and was the source of the heavy breathing. We had such a good laugh. Healing touch emphasizes the importance of not being attached to the outcome. It is important to keep one's ego out of the process.
The nature of the energy that we live in and that surrounds us is that we can charge it with a positive dimension. Those around us can sense that positive feeling in some way. Therefore it matters what we think even when we have not expressed ourselves. In nursing whether it is the areas of clinical, teaching, or administration we each have a responsibility to create the positive atmosphere for each other, our students, our patients, and ourselves. We each have a responsibility to ask: how can I help this person learn, how can I help this person reach a higher potential. These are the questions leading to an expanded state of health. These are the questions we ask coming from the position of caring and compassion. What I've learned is that humor is a great vehicle for this process.

When we requested Prof. Porter to write an essay for the Kango-net, she gave us two essays, one for the general public and the other for health practitioners. Though we usually post one essay at a time, two essays are posted as they both are extraordinary.


Almost all nursing takes place within the boundaries of an organization, large or small. While most of our nursing education focuses on our nursing care, very little of our education teaches us about: the influence of the organization on our care, our influence on the organization, and what kind of a relationship should we have with the organization. I took nursing leadership in school, but I was not too interested in that class at that point in my career. Only later did I realize the enormous impact the organization has on our lives and the lives of our patients.

I have been fascinated by the way organizations are organized and how that affects us as nurses and affects our patients. My first experience with hospital organization was within the year after I graduated from nursing school. I worked for a state-run mental institution. The organization had recently reorganized itself going from a "back-ward" structure where the patients sat all day receiving only basic physical care, to a therapeutic community where patients had a voice in their own governance and day-to-day activities. Moreover instead of the doctors giving orders and then leaving the ward, they started including the nurses and aides in the treatment decisions. Nurses, doctors, and patients all attended meetings together to make decisions about the rules and activities of the unit. Roles become blurred. The new focus was on who had the skill or talent rather than one's job title. This new structure produced a democratic process. The patients began to take some interest in their own welfare. Nurses were able to share valuable information with the doctors. Together they devised treatment plans that were more suited to the patients needs. I found this organization inspiring and exciting.

Organizations that are structured in a hierarchy with a clear process for the "chain of command" have an advantage of efficiently implementing day- to-day work. The roles and responsibilities are usually clearly defined. Expectations of the employer can be documented so that nurses are able to fulfill their role without strain. However, this structure can easily take advantage of the hierarchy to dominate its employees and the weakness is that valuable employee opinion and information never reaches the higher-level supervisors. The supervisors become caught in trying to run the organization from only their own perspective. Staff nurses become disconnected from the higher levels of management, and develop a thin level of commitment to the organization. A sense of community is lost and human resources are wasted. In academic institutions with this structure it is easy for subjects to become disconnected. The curriculum never "talks to itself". Without an evaluation structure that ties in organizational expectations with role performance, faculty drift off course without even knowing it. It leaves one with a vague sense of dissatisfaction. Therefore, employees in a hierarchical organization need to work carefully to make sure there are structures for their voice to be heard and then voice their opinion. Linkages between departments and curriculum elements must be deliberately built.

Organizations that are flat, that is authority is spread out among employees not concentrated at the top, are in a good position to respond to change and innovation. Smaller units of control can move more quickly to alter procedures. Increasing employee input means that more ideas are brought into the organization enriching the operating database. The therapeutic community is an example of a flatter organization. It is important to know what type of organizational structure suits your personality as well as your own nursing mission. It is most rewarding when your mission and the organization's mission are closely aligned.

看護コミュニティ

ページ評価アンケート

今後の記事投稿・更新の参考にさせていただきたいので、ぜひこの記事へのあなたの評価を投票してください。クリックするだけで投票できます。

Q.この記事や情報は役にたちましたか?

Q.具体的に役立った点や役に立たなかった点についてご記入ください。

例:○○の意味がわからなかった、リンクが切れていた、○○について知りたかったなど※記入していただいた内容に対してこちらから返信はしておりません

最大250文字